2019/06/27  [ お知らせ

建造実績:森町下宿「桑水社」後編

前回(http://www.yamamoto-kenchiku.co.jp/work/190620/)に引き続き、山本建築の祭り屋台の建造実績として森町下宿「桑水社」のご紹介です。

初代から数えて現在で三代目となる「桑水社」は、1924年(大正13年)に建造されました。1984年(昭和59年)には、山本建築の初代・山本庄平が大改修を実施しました。当時の改修工事では屋台の全体的なバランスを考慮するのが、とても難しかったとの逸話も残っています。

その後1999年(平成11年)には、再び山本建築にて、彫刻の取り替えや支輪の増設工事をさせていただきました。その後、老朽化に伴い車輪を新装いたしました。現在の屋台に付いている車輪は山本建築が手掛けたものとなります。

彫刻の取り替え工事では、御簾脇と正面の欄間の旧作品を取り替えました。支輪の彫刻には八仙を含む仙人を配しました。井波彫刻の伝統工芸士・池田誠吉(富山県南砺市)が手掛けたものです。

また誰もが知っている“桃太郎の物語”や屋台の名称にちなんだ“桑の葉に水をかける唐子”の彫刻も見応えがあります。

「桑水社」では、御簾脇、支輪、正面の欄間はケヤキが使われていますが、両側面と後の欄間は昔のままで、ケヤキの風合いに負けない味が出ているのも特徴になっています。

ホームページには、他にもこれまで山本建築が手掛けてきた多くの祭り屋台をご紹介しています。宜しければ、そちらも是非チェックしてみてください。

【建造実績一覧】
http://www.yamamoto-kenchiku.co.jp/works/