2019/07/18  [ お知らせ

建造実績:袋井市上山梨下町「遊僊車」後編

これまでに、山本建築の祭り屋台の建造実績として袋井市上山梨下町「遊僊車」について時代の流れに沿って、2回にわたってお届けしてきました。今回はさらに塗装や飾金具、太鼓などの詳細についてのご紹介です。

地覆四隅に下町の発展を願って花鳥の螺鈿(らでん)が施されています。螺鈿とは、夜光貝や蝶貝などの貝殻を、漆で塗り重ねて装飾する技法です。浜縁はあわび貝で、中柱と平桁の青貝は、希少価値の高い夜光貝を採用して、優美な七色の光を放っています。

正面虹梁には紅葉、前欄干の地覆と後手木には牡丹、菖蒲、桔梗、若竹の螺鈿を施して漆地を一段と引き立たせています。浜縁下平面には、前後に鳳凰が羽ばたき、左右には天女が舞う様を金蒔絵で仕上げています。

蒔絵は漆器の表面に漆で絵や文様、文字などを描き、その上に金や銀などの金属粉を蒔いて定着させる技法です。

飾金具では、棒先に“遊僊車”と棒後には“下町”の金文字を施してあります。木鼻には法被の柄である“しも天”等の金文字を入れてあります。

太鼓は、ケヤキを採用した尺八寸、三段鋲のものを新調。慶応年間創業の山本太鼓店(愛知県小坂井町)が伝統技術を注いで手掛けたものです。

町内の方々の思いやさまざまな技術が詰まった祭り屋台が完成しました。ホームページには、他にもこれまで山本建築が手掛けてきた多くの祭り屋台をご紹介しています。宜しければ、そちらも是非チェックしてみてください。

【建造実績一覧】
http://www.yamamoto-kenchiku.co.jp/works/