匠の技

匠の技

浜縁床

屋台正面の上部で左右へと広がる浜縁床(はまえんゆか)。浜縁や浜床とも呼ばれ、通常は水平に真っ直ぐ伸びる部分。山本建築では、段差を付けて格式の違いを、さらに高さに変化を加えて、華やかさと押しの強さを表現した独創的な仕上げです。

尾垂木

外側へと向かって突き出しているのが、尾垂木(おだるき)。天狗垂木とも呼ばれる部分。一本ではなく、二本を鬼の角のように突き上げているスタイル。力強い風格と勝ち気な印象を与え、遠くからでも目立つのも特徴です。伝統的な社寺建築の技術を屋台建造に集約しています。

欄干

屋台のまわりに巡らされた手摺となる部分、欄干(らんかん)。通常は直線的な形状ですが、流線的な要素を取り入れて、デザイン性を高めているのが特徴です。中央には、地域や車のシンボルとなる文字を入れることも可能。 重厚感のある色味で強度もあるタガヤサンを採用。タガヤサンと同様に、“唐木三大銘木(からきさんだいめいぼく)”として高級木材のシタン、コクタンなどもお選び頂けます。

皿斗

肘木と斗の間に皿状の飾りを組み入れた皿斗(さらと)。一段、二段とさらに構造美を増したような形で、より重厚感のある仕上がりになります。

地覆

欄干の土台となる横木、地覆(じふく)。角ばった形状が一般的ですが、緩やかな曲線美が特徴となっています。

平桁

欄干の中程の高さにある横木、平桁(ひらげた)。基本は真っ直ぐですが、途中でカーブを描きデザイン性を高めることも可能です。また筋彫(すじぼり)を入れることで、屋台の輪郭が強調され、構造美をより一層引き立てています。

中屋台柱

通常は特に何も入れていない部分にも、こだわりを。幾何学模様を柱に入れ込んで細部まで、丁寧に仕上げてあります。