車輪

屋台の車輪製造

日本全国の中でも遠州地方の屋台の車輪は大型で人の背丈ほどの大きさです。山本建築では、この祭り屋台専用の木製車輪を製作しています。材料は主に良質なケヤキやカシを使用し、熟練の技術により車輪を組み上げます。

堅固で真っ直ぐな芯の通った人間は、振れることがありません。屋台にも振れることのない心棒があります。屋台の荷重を支え、動き回る2つの車輪を繋ぐ部分です。“屋台の車は心棒で回る”と歌われるほど、重要な役割を担っています。

車輪の側面に、はめ込まれた輪板(わいた・はいた)。現在の遠州森町では、8枚の輪板を使った屋台を大八車、7枚の輪板を使った屋台を大七車と呼んでいます。輪板は、羽板(はねいた・はいた)、端板(はしいた・はいた)、大羽(おおはね)、櫛形(くしがた)の名称もあります。

心棒と車輪の中心を固定する轂(こしき)には、確かな目利きで選び抜いたケヤキを使っています。玉木(たまき)とも呼ばれる轂は、しっかりと乾燥した木材でないと後に割れや空きの原因になります。頑強な部材が必要となり非常に貴重なため、他県をはじめ遠方からのお問い合わせも頂いています。

大工が木製車輪を作り、鍛冶屋が輪締めをする。大昔では、よくあった流れですが、現在ではなかなか輪締めができる鍛冶屋さんは少ないのが現状です。山本建築では、地元のみなさんが安心して、お祭りを迎えられるように日々技術を磨いて、良質なお祭り屋台の車輪を製作しています。

コマ

樹齢100年以上の巨大なマツの丸太を輪切りにして製造する四輪屋台の車輪。とてもシンプルな構造の車輪ですが、現在では手掛ける大工が少ない状況にあります。山本建築では、これまでの経験と技術を活かして、屋台の重量を支えながら回転する厚みのある頑強なコマの製造をしています。

心棒

木製の場合には、非常に硬く強度のある木材・カシを採用しています。特に膨張や収縮の少ない芯去り材を選び、丈夫で長持ちするものを製作いたします。しかしながら、心棒を受ける部分である鉄製の釜金(かまがね)との摩擦により、木製の心棒は徐々に削られていきます。そのため、消耗品と考えなければならず、定期的な点検やメンテナンスが必要となります。

より使い勝手の良いように、一本スペアの心棒を常備して、毎年ローテンションしながら使用することを推奨いたします。スペアは、グリスを塗りサラシを巻いて、保油や防錆に留意しながら、大切に保管をして下さい。土間などに直接置くのではなく、角材や板の上での保管をお願いします。夏前の屋台の虫干しの時期に合わせて、心棒の交換をすると良いでしょう。

木製の心棒の場合には、釜金との摩擦の音、あるいは軋む音が、祭典の賑々しさに華を添えます。その響きを求めて、マツヤニを塗ることも。また古くは各地域で育ったカシの材木を使って、心棒をつくり、より地域に密着した屋台を製造していました。地元に良いカシの木材がありましたら、どうぞお知らせ下さい。


鉄製の場合には、木製に比べて耐用年数も非常に長く、折れることもありません。またメンテナンス・フリーで扱いやすいといった利点もあります。ただし、木製の心棒とは逆に、屋台の荷重を支える鉄製の心棒を受ける部分の釜金が摩耗してしまうことがあります。釜金の交換は、大掛かりな作業工程となりますので、車輪のガタツキや不具合などの兆候がありましたら、速やかにご連絡をお願いいたします。